空想犬猫記

※当日記では、犬も猫も空想も扱っておりません。(旧・エト記)

The Clear Stream

Burgmüller 25 Progressive Pieces の7曲目。

ここまで1週間に1曲のペースで通して弾けるようにしてきた。毎回壁だと思っていた曲も、構造に分解すると単純なものが多かった。しかしこれは本当の壁。176 bpm で三連符が続く。前半は 0.11 秒に1音、後半は 0.17 秒に1音、よどみなく流れなければならない(無理!)。付属の CD の演奏は完璧で、清らかな水面の波紋が想起されるほどに滑らか。全部で24小節なので、テンポどおりに弾くと54秒で演奏が終わる。CD はほぼぴったり54秒。これはハノン方式で、確実に弾けるテンポを見つけて時間をかけて完成に持っていくしかなさそう。

  • 前半左手は G B の繰り返し。
  • 前半の三連符は、最初の音が旋律で、続く2音は装飾だと思って弾く。三連符の3音でハーモニーになっていることを頭の片隅に置く
  • 停滞→遷移の繰り返しの構造を理解すると、最初の8小節の指の形は3章節ぶんのヴァリエーションしかない
  • 1オクターブ下への遷移は自然にできるが、上への遷移がぎこちなくなってしまう。上への遷移の場合、三連符の最後の音が、次の三連符の最初の音になっているので、三連符の最初の音を弾き終わったら右手と右の1番の指は次の三連符を引く準備に入るために並行移動を開始する。三連符の最後の音を2番の指で引き終わるときには既にその場所に1番の指が準備できているようにするとスムーズにつながる。
  • 後半も、二連の8分音符は最初の音が旋律で、2番目の音符はずっと A。左手のベース音と、最初の音のカップリングを考えながら弾く

ピアニストのしもんさんの動画を参考にゆっくり練習。これに限らず、どの動画も示唆に富んでいてためになる。ピアノを「歌わせる」という感覚を頭の片隅に入れておくと、音質が本当に変わるのでおすすめ。

https://youtu.be/0AtX5uQI0Rc

ついでにもうひとつ、個人的におすすめなのが、ピアニストの森本麻衣さんのチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCM8GvC0PNfzPF5k50Fw-5XA

求道的で、部活の先生のような雰囲気がある。何をするべきなのか、ポイントがロジカルで分かりやすい。それぞれの簡略化されたアドバイスは、それに続くスキルを習得するための入り口に立たせてもらうためのものなので、アドバイスをする際に捨象された部分を、練習する中で発見して付け加えていくような使い方をするとよいのではないかと思う。

ネットの発達で趣味の世界はずっと豊かになっていて、楽譜の解説などは以下のサイトでも読むことが出来る。

enc.piano.or.jp

これを1分以内に弾き終わるのをゴールに設定している。今のところは 104 bpm くらいが限界…。

Progress

Burgmüller 25 Progressive Pieces の6曲目。右手と左手のシンクロ。右手がパラパラと移動するタイプ。新しいスキルを書き残しておくための語彙が無いのでそろそろしっかり勉強しないと。

  • 第3、7小節の6度離れた音をスタッカートで並行して弾く感覚を体で覚える
  • 後半の右手と左手の掛け合い C E A B、D F A 、D F B、C E G はなんかのコード進行をメロディでなぞっているのだろうなーという曖昧な理解
  • 第13小節から15小節までは、右手は E をベースにして音が動く構造。左手は右手に対して 「C と A」、「G# と A」の音が対になっている
  • 最終小節の同じ音の運指の指示が、右 2 3 4 5 左 1 3 2 1 となっているのがなぞ。Editor が練習しまくった末にたどり着いた最適解なのかもしれないけど、最初からやるには不自然な気がしている

Innocence

Burgmüller 25 Progressive Pieces の5曲目。タラタラリンと指くぐりをしながら1オクターブ上下するフレーズが出てくる。レガートで可愛く弾く。

  • 第2小節の C B B、第4小節の B A A は、楽譜の指示通りの指番号 4 3 2 で弾く。同じ音だけど違う指を使ってレガートを表現するテクニックだろうか
  • だんだん曲数が増えてくると、楽譜を構造で覚える必要が出てくる。Burgmüller の初心者への配慮が素晴らしく、後半の左手は B♭C と A C の繰り返し。右手も実質2小節分のメロディの繰り返し
  • 指示通りの運指で 2 でスタッカートを弾いて同じ音を 1 で弾く
  • タラタラリン、ジャン!とフォルテで終わる。ジャン!の手前は右手だけスタッカートが付いていて、ここをうまく出来ると弾ききった感が出て気持ちよい。最後のジャン!までは指の移動量が多いが、フォルテなので外すとモーレツかっこ悪い。ジャン!の手前の左手の親指の位置が、ジャン!の右手の親指の位置になることを覚えておくとスムースに指の移動が出来る

The Little Party

Burgmüller 25 Progressive Pieces の4曲目。Legato Thirds が出てくる。装飾音から一段階レベルアップして、旋律を弾く手のほうでも、複数の音を同時に出す。新しいスキルが必要になるが、旋律は単純。1つの曲に新しいことをいくつも詰め込まない作曲家の配慮だろう。

  • スタッカートとレガートの弾き分け、sf から p へのデクレッシェンドなど、強弱をしっかり意識した
  • Fine のある 13、14 小節のレガートは指が6本無いと引けない。人間の指の構造上仕方なく、下の音は親指を使うよう指示されている。上の音は 5 4 3 5 4 3 4 と繋げる。事実上、右手の 1 番とそれ以外の指で異なるテクニックで音を出すことになる
  • D.S で盛り上がりつつ sf になるけど、すぐ落ち着いて p にデクレッシェンドする。浮きたつけれどはしゃぎ過ぎない、そんなパーティをイメージ

Pastorale(牧歌)

Burgmüller 25 Progressive Pieces の3曲目。3和音の連打と、装飾音が出てくる。

  • 和音の連打が軽く正確に響くように弾くためには手首のトレーニングが必要
  • 後半4和音も出てくる。手首のトレーニングが足りないと牧歌がドラマチックになってしまうので注意
  • 装飾音が主張せずに主音を飾るようにコロン!と軽く弾けるようにする

Arabesque に比べると p、mf、p、pp と、盛り上がりは無い(牧歌というだけある)。それだけに聞かせるためには技術が必要。弾けるようになるのは早かったけど、まだちゃんとは弾けない。難しいのに退屈で見せ所が無いのであまり上達していない。

Arabesque

Burgmüller 25 Progressive Pieces の2曲目。152 bpm で16分音符が出てくる。子供の頃弾いたときはずっとゆっくりだったが、これは 152 bpm で弾きたい曲。ピアノで始まり、フォルテ、sf で終わる。指を早く、正確に動かす練習と、スタッカートの効果を学べる曲。最初の繰り返しも sf でジャン!最後も後半盛り上がってジャン!って終わるので、演奏体験として分かりやすい。スタッカートを正確に、そしてピアノで弾くところを我慢してピアノで押さえて弾けるようになると、メリハリが出てよい。

  • 第10小節のスタッカート、sf で半盛り上がりと思いつつ、ピアノに戻る。じらし効果
  • 第11小節、2週目はレガートがスタッカートで終わる。次の右手はレガートなので、何も考えないとずるずる弾いてしまうので注意
  • 最後の2小節は移動量が大きく、しかもフォルテ、sf なので、外すと最高にかっこ悪い。ただそれを恐れてテンポがずれるのも残念。これはいかに練習したかが、明らかに出るところ

Sincerity (素直な心)

Burgmüller 25 Progressive Pieces の最初の曲。小学生の発表会などで弾かれるベーシックな曲、なはずだが、楽譜を見ると繰り返しを含めて 4分の4拍子38小節で、152 bpm。そのまま弾くのは結構辛い。計算上は1分で弾き終わるところだけど、付録のCDでも1:28かかってるので、大体 100 bpm くらいが一番音楽的になるのだと思われる。指の練習として綺麗に弾きこなせるゴールが 152 bpm ってことなのだろうか。大体以下のポイントに気をつけながら練習し始めた。

  • ピアノで始まり、ピアニッシモで終わる。弱い音を正確に弾くための打鍵の精度が大事
  • 6小節から7小節の左手の変化は割と大きいので、6小節の全音符は4拍押さえずに最後の半拍を指の移動に使うくらいのイメージで遷移させる
  • 8小節を1フレーズとして滑らかに弾く
  • 14小節の sf の A が力んで抜けることがある。ピアノのせいなのか、小指の使い方が悪いのか不明
  • 最終小節の遷移、4和音だが、左手の G はレガートが付いているので、足されるのは3音。ピアニッシモで綺麗に響かせるにはどうしたらよいのか試行錯誤