空想犬猫記

※当日記では、犬も猫も空想も扱っておりません。(旧・エト記)

Book

決断力 (角川oneテーマ21)

決断力 (角川oneテーマ21)作者: 羽生善治出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2005/07メディア: 新書購入: 42人 クリック: 296回この商品を含むブログ (561件) を見る 梅田さんの著作やブログの中で,たびたび言及される羽生さんの話。以前から興味はあったが…

ホームレス入門―上野の森の紳士録 (角川文庫)

ホームレス入門―上野の森の紳士録 (角川文庫)作者: 風樹茂出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2005/01メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 20回この商品を含むブログ (5件) を見る 元台東区民としては無視できない一冊。 こう言っては私の友人に失礼かも知れな…

女の子ものがたり

を立ち読み。なんつーか,同じ日本で,こんな人生を送っていた人がいるのかと,新鮮に驚いてしまった。私には「人の気持を理解する」には,まだまだ経験が少なすぎるのではないかと,不安になったりさえする。

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

はてなブックマークを眺めていると,脈絡なく「涼宮ハルヒ」というキーワードが関連づけられていることが度々あった。調べてみると,2006年度上半期の No.1 アニメとのことだったので,気になって原作を読んでみた。面白い。メチャクチャな設定で,細部に不…

宮本武蔵・読後感

吉川英治「宮本武蔵」を読み終わる。宍戸梅軒とは七巻で再度闘った。お杉のおばば,又八,そして朱実の片付き方は「これでいいのか?」と納得できないものが残ろう。奈良井の大蔵の一味であった城太郎の立場はどうなのかとかも気になる。お通に降り掛かる災…

歴史もの

文庫本を大人買い。宮本武蔵は(五)まで読んだ。原作では,くさり鎌の宍戸梅軒とも闘わないとはね…。正月にやっていた時代劇は何だったのか。この世界に一体,何が起こったのか。 お通さんの純愛も,又八のご乱心も,だんだんドタバタ喜劇に見えてきた。し…

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

フェルマーの最終定理を取り巻く数学の歴史と,人物に焦点を当てたノンフィクションで,数学的なことは殆ど書いていない。それでも,数学者の世界をかりそめにも体験した気になれる良い本だと思う。久々に数学の世界を覗いてみると,中高大と,夢見ていた甘…

風林火山 (新潮文庫)

2007年 NHK 大河ドラマ原作ということで,読んでみた。歴史小説というと司馬遼太郎の「龍馬が行く」とか「坂の上の雲」とか,長大で二の足を踏んでしまうのだが,この小説は逆にアッサリしすぎているし,人間関係も薄っぺらくて物足りなさを覚えた。戦場や真…

Phrasal Verb (2)

今日覚えた phrasal verb。英語の説明を適当に日本語にしているので,あまり信用できないかもしれませんが,あしからず。 pull through ... recover throw up ... (お酒などを飲んで)吐くこと vomit,puke throw - up ... (いきおいよく)飛び散らせる fa…

DHH 進捗

Agile Web Development With Rails: A Pragmatic Guide (The Facets of Ruby Series)作者: David Thomas,David Heinemeier Hansson,Leon Breedt出版社/メーカー: Pragmatic Bookshelf発売日: 2005/09/22メディア: ペーパーバック クリック: 18回この商品を含…

The Ultimate Phrasal Verb Book

The Ultimate Phrasal Verb Book作者: Carl W. Hart出版社/メーカー: Barrons Educational Series Inc発売日: 1999/09メディア: ペーパーバック クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見る アメリカに来て四ヶ月。ちっとも英語が上達した気配がない。…

Agile Web Development With Rails: A Pragmatic Guide (The Facets of Ruby Series)

DHH 本を読む。〜 chapter 8 まで。チュートリアル形式なので少々時間がかかったが,無事インターネットショップのカートもどきを実装できた。今日やったのは Cookie を使った session 管理 エラー処理,ログ出力 Helper(便利機能群) 最近の framework は…

DHH

TODOの進捗をグラフ化してみるテスト。 棒グラフが出ないなー。更新までに時間がかかるのだろうか。 #追記:データを 2 つ以上入力しないとダメらしい。 Agile Web Development With Rails: A Pragmatic Guide (The Facets of Ruby Series)作者: David Thom…

Agile Web Development With Rails: A Pragmatic Guide (The Facets of Ruby Series)

アマゾンから 2 冊本が届く。本命は DHH の Rails 本。この前読んだ「Enterprise Integration with Ruby: A Pragmatic Guide (Facets of Ruby Series)」と同じ The Pragmatic Programmers シリーズ。洋書はよけいな表紙カバーがなく,装丁がきれい。それだけ…

MySQL 入門 (3)

MySQL Tutorial (All in One)作者: Luke Thomson, Laura Welling出版社/メーカー: MySQL Press発売日: 2003/11/11メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (4件) を見る Chapter 11 〜 最後まで。MySQL の administering に関するトピックや,replicat…

MySQL Tutorial (All in One)

MySQL Tutorial (All in One)作者: Luke Thomson, Laura Welling出版社/メーカー: MySQL Press発売日: 2003/11/11メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (4件) を見る 家に帰ってから読む。一度はしっかり読んでおいた方が良かろう。本日は chapter …

MySQL Tutorial (All in One)

MySQL Tutorial (All in One)作者: Luke Thomson, Laura Welling出版社/メーカー: MySQL Press発売日: 2003/11/11メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (4件) を見る 何度か挫折している MySQL も,インチキじゃない使い方をそろそろ覚えようと思う…

Enterprise Integration with Ruby: A Pragmatic Guide (Facets of Ruby Series)

Enterprise Integration with Ruby: A Pragmatic Guide (Facets of Ruby Series)作者: Maik Schmidt出版社/メーカー: Pragmatic Bookshelf発売日: 2006/04メディア: ペーパーバック クリック: 2回この商品を含むブログ (3件) を見る 近所にある唯一の本屋,B…

帝都東京・隠された地下網の秘密 (新潮文庫)

学生の頃,南北線の永田町駅周辺は通学で使っていたのだが,あの辺り通るときにいつも不思議な分岐があるのが気になっていた。何しろこの前まで正式名称が「帝都高速度交通営団」という大日本帝国の亡霊みたいな名前*1だったし,国会議事堂周辺のトンネルの…

白州次郎 占領を背負った男

白洲次郎 占領を背負った男作者: 北康利出版社/メーカー: 講談社発売日: 2005/07/22メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 74回この商品を含むブログ (132件) を見る Costa Mesaの三省堂で平積みになっているのをみてたまたま買って読んだ。敗戦から日本国憲…

ウェブ進化論

が,先週末,Costa Mesaのミツワの三省堂に平積みされているのを発見し,速攻で購入。かれこれひと月くらいOrange County近隣の書店をうろついて,ようやく実物にお目にかかることができた。 昨年の夏にはてなを使い始めて,情報の波にもまれてきたので,特…

「頭がいい人」と言われる文章の書き方──文章のうまい、ヘタはここで差がつく! (KAWADE夢新書)作者: 小泉十三と日本語倶楽部出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2005/03/23メディア: 新書購入: 1人 クリック: 28回この商品を含むブログ (12件) を見る 自…

最近読んでみたい本が2冊。 ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書) 30日でできる! OS自作入門 ウェブ進化論はここ3週間ほど書店を回っているがOrange Countyの日系の書店にはまだ入荷していない様子。サンフランシスコから郵送すれば1週間…

ライディング・ジャイアンツ [DVD] を観る。サーフィンの起源から20世紀のサーフィンの発展の歴史をサーファの視点から綴ったビデオ。いままで,ボードに「ロング」と「ショート」の2種類があるのは知っていたが,ジャイアントウェーブを乗りこなすために設…

Innovation Happens Elsewhere

/.本家で取り上げられていたオープンソースに関する書籍。この本自身も電子版がCreative Commons License; CCLとして公開されている。とりあえず/.のサマリーだけ読んでみたが非常に興味深い。ソフトウェアを本気でメシの種にしようと思うなら,この辺りはキ…

最近購入した本を紹介。 最初のやつは,前から買おう買おうと思っていたのだが,7月にOpenGL 2.0に対応した版が出たのようなので洋書で購入。技術文書に限って言うと,英語の方が情報が早い上に文章がわかりやすくてよい。おまけにこの本は日本語版を買うよ…

最近発売になった上原ひろみの「Spiral」を購入。自分で新譜のCDを購入したのは,本当に久々。何年ぶりだろう。地元出身の同世代,ということで以前からCDを聴かせてもらっていた。大物の予感。僕はズブの素人なのでうんちくは語れないのだが,テクニック的…

キャズム

「Crossing the Chasm」を読んだ。会社の本棚にひっそりと置かれていたものだ。読み始めたら一気に引き込まれてしまった。これは・・・すごい! 後から教えてもらったことによると,ハイテク分野のマーケったーにとってはバイブル的な存在であるらしい。かの…

Rubyを人に勧める

以前,ある友人にPerlを勧めたのだが,Rubyを勧め直す。書籍はまだまだ少ないが,とりあえず語り口が易しそうな「たのしいRuby」買って読んでいた。ちなみに僕はRubyに挫折した別の友人からもらった「Rubyプログラミング入門」を読んで一通り勉強していると…

Perlなど

Perlの正規表現を使ってテキストの処理をしたい。という友人に下の本を紹介した。これは僕がリファレンスとしてちょくちょく参照している本である。Perlの入門書(簡単なスクリプトしか作らない人向け)はどれも似たり寄ったりだが 最初から読み進めることで…